FUKUOKA NIWAKAフクオカニワカ

teammember

FUKUOKA NIWAKAが2020シーズンのクラウドファンディングに挑戦!!

2020.08.09

FUKUOKA NIWAKAは、ロボットバトルの世界大会・RoboMaster(ロボマスター 通称:ロボマス)への挑戦に際して、8月8日からクラウドファンディングを行います!

そしてただ自分達が世界一になるためではなく、自分達が持つ技術力で、日本を盛り上げたい。
世界に「日本のものづくりはやっぱり最高だ!」と再び知らしめたい、
未来のエンジニアたちに、かっこいい背中を見せたい!

これは、私たちだけの挑戦ではなく、日本のものづくりと未来をかけたチャレンジでもあります。

==========
■クラウドファンディング概要■

【期間】2020年8月8日(土)~9月13日(日)
【リターン品】文房具、Tシャツ、NIWAKAのロボット解説フォトブック,設計データ入りUSBなど
【URL】 https://camp-fire.jp/projects/248948/
==========

「日本の技術力で世界を驚かせたい」

そんな熱い想いを新たに私たちは今シーズンを迎え、
2020年こそ「世界一」を勝ち獲るべく、世界大会出場に向けて活動しております。

しかし、私たちは現在新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から活動縮小を余儀なくされています。
その影響でロボット製作の進捗が遅れ、また思うようにスポンサーが集まらないといった苦境に立たされています。

ただ、ここで諦めるつもりはありません。

このような逆境の中だからこそ、日本のロボットで世界へ挑みたい!
そして心をひとつに、日本を、世界を、盛り上げたい!!
そのような想いで、今回クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。

支援いただいたお金は、ロボットの開発費や改良に必要な部品代に充てられます。
また、RoboMaster2020世界大会がオフラインで行われ、渡航が可能となる場合は加えて輸送費、渡航費、滞在費 (最長3週間)にも充てさせていただきます。
※大会日程や競技の実施方法については、後日大会運営から正式に発表されます。

■なぜクラファンが必要なのか

私たちは今シーズン、大会に出場するためのロボット開発や部品の調達、また組織運営を行うにあたって約500万円という資金を要しました。

そのためにスポンサーを募り資金調達を行ったり、ロボットの製作では安価な部品や中古品を用いた製作を心掛け、性能をなるべく落とさずどうにか節約しながら開発を行ってきました。

しかし今年はルール上新たにマシンが2台増え、合計9台のロボット開発が必須となりました。
さらにオフライン開催の場合、深センへのロボット輸送費(300万前後)や渡航・滞在費(20人×3週間分)も必要となります。

大会中は毎日のように朝8時~夜9時まで試合が行われ、それが最大2週間程度続きます。

ホテルに戻った後もロボットの修理やミーティングなどを行うため、就寝は日付をまたぎ翌朝は6時起き…そんな過酷な戦いの中で、少しでも選手の環境を良くすることもまた、優勝を目指すためには必須だと考えています。

・勝つために必要なロボットの開発費に充てたい
・熱意あるメンバーを一人でも多く連れて行きたい
・大会中、メンバーにできるだけ快適な環境を用意したい
以上のような理由でクラウドファンディングを行うことを決めました。

このような苦しい状況下でも、私たちは挑戦を続けることを決意しました。

それは、生みの苦しみを乗り越えロボットが完成した時の喜び、
仲間たちと魂を込めて作り上げたロボットが世界の大舞台で活躍する興奮…
そして何よりも、日本のものづくりの可能性を私たちは知っているからです。

本場中国では既に国をあげてRoboMasterに投資し、ロボットチームへの資金支援が行き届いています。
日本勢が優勝を目指すには、一人でも多くの応援の声と、ロボットやエンジニアへの投資が必要です。

日本のものづくりのために、未来のエンジニアのために。
何としても日本のロボットで、自分たちの手で、頂点に立ちたい。

皆さんの応援が、私たち学生エンジニアの力になります。
どうかご支援のほどよろしくお願いします。

【URL】 https://camp-fire.jp/projects/248948/

リンクをコピー

【第3話】ふたつの「ロボマス」が交錯するとき

2020.04.03

FUKUOKA NIWAKA広報の古澤です!

第1話・第2話,既にご覧いただけたでしょうか?
Twitter等でコメントをお寄せいただいた方,ありがとうございます!

↓↓↓まだ読んでないよ!という方はぜひ↓↓↓
【第1話】NIWAKAは「ニワカモノ」から始まった
【第2話】君!旋盤が使えるか!?
https://www.robomaster.jp/team/fukuoka-niwaka/report/

今回は,ふたつの「ロボマス」が交錯したお話です.

2017年…
ロボマスがまだ日本で知られる前のこと.

香港の大学生たちがRoboMasterに出場し,
ものづくりの楽しみや苦しみを味わいながらも成長していく…
そんな素敵なアニメ『ロボマスターズ』が日中合同で製作されました.

2018年の頭にFUKUOKA NIWAKAに参加した私にとっては,
もちろん生のロボマス世界大会なんで見たことがなく…
この「アニメロボマス」もまた,貴重な参考資料でした.

世界大会出場を夢見てロボットに向き合うメンバーたち.
いつしか,アニメロボマスの主人公・タンタンたちの気持ちと,
重なり合う部分があったのかもしれません.

そんなある日…
アニメロボマス製作を手掛けておられるダンデライオンアニメーションさんから,
素敵なプレゼントが届いたのです.

それは,NIWAKAのメンバーひとりひとりのイラスト!!
実際にアニメ版でキャラクターデザインを担当していた
藤田しげる(葵玲)さんが描いてくださったのです!!

人数が少ない,前例もない…
前途多難な初めての挑戦を支えてくれたのは,
ロボット製作のエンジニアだけではありませんでした.

私たちのチャレンジを,応援してくれている人がいる.
その事実にどれだけ心が救われたことでしょう,

「2018年,日本初のRoboMaster世界大会出場」

その夢が目標に,そして現実になりつつある手ごたえ.
多くの人々が様々な形で応援してくださることによって,
それを少しずつ感じていくことになるのでした…

今回は,アニメロボマスとNIWAKA…
ふたつの「ロボマス」が交錯したお話でした!

プロのキャラクターデザインの方に自分を描いてもらえる…
冷静に考えて,なかなか無い体験ですよね!!!

藤田しげる(葵玲)さん,
ダンデライオンアニメーションさん,
本当にありがとうございます!

応援コメント機能もありがとうございます!
海外のファンの方からもコメントいただいているようです!
簡単に投稿できますので,ぜひぽちっと!

【↓応援コメントはこちら↓】
https://www.robomaster.jp/team/fukuoka-niwaka/comment/#02

今後も応援・ご支援・SNS等での拡散等いただければ幸いです!
よろしくお願い致します!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【今日の豆知識】
アニメNIWAKA?のイラストをじっくり見ていただくと,
実はメンバー愛用グッズも細かく描いてもらっています!

ノートPC,Tシャツ,自転車,工具…
いくつ見つけられるでしょうか??

ぜひ,アニメロボマス見たい!という方は
Amazon primeビデオ等の配信サービスで視聴できます!
実際の大会を知ってから見ると,より一層楽しめますよ!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

FUKUOKA NIWAKA(フクオカニワカ)

【公式HP】https://projectrm.niwakasoft.jp/
【Twitter】https://twitter.com/fukuokaniwaka/
【Facebook】https://www.facebook.com/fukuokaniwaka/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

リンクをコピー

【第2話】君!旋盤が使えるか!?

2020.03.14

FUKUOKA NIWAKA広報の古澤です!

前回の第1話をご覧いただいた皆様,ありがとうございます!
早速Twitter等で話題にしていただき嬉しかったです!!

↓↓↓まだ読んでないよ!という方はぜひ↓↓↓
【第1話】NIWAKAは「ニワカモノ」から始まった
https://www.robomaster.jp/team/fukuoka-niwaka/report/#01

今回は,FUKUOKA NIWAKAがまだ1年目の頃のお話・・・

2018年,年始.
福岡のローカル番組でたまたまロボマスを知り,
FUKUOKA NIWKAについてツイートしたところ,
「活動に参加してみませんか?」と誘われた私.

その後,ニワカラボの雰囲気の良さもあって正式加入.
ところが,当時は機械班の人手不足が深刻だったのです!

「工場長」的なポジションのイトウさん.
初対面でいきなり

「君!旋盤が使えるのかい!」

いきなりステーキならぬ,いきなり旋盤です.

実は当時,ラボにはまだ卓上旋盤がなかったのです.
一方,私はロボコンで金属加工の経験があったことと,
自宅に工房があり自前の旋盤も持っていることを伝えると

「何ィ!?面白い子が入ってきたなぁ!!」


今では,作業分担できる程度にはメンバー数が増えましたが,
当時1年目のFUKUOKA NIWAKAは人手不足が深刻でした.

でも,その苦しい時期にこそ作業の効率化や活動スタイルを考え,
よりよいものづくり環境を追究していきました.

最近では遠隔見学やリモートワークのシステムも整えており,
ピンチの時にこそ「どう動くか?」をよく考え,
協力し合えるチームになっていると思います.

今ではチーム内ですら,知っているメンバーが少ない話.
まだ日本でほどんど「ロボマス」なんて話題にしていない頃・・・
「NIWAKA創世記」の一場面でした.

今回は,1年目のNIWAKA裏話でした!
この頃はまだ,Twitterでも身内しかロボマスの話をしていない時代・・・
(めっちゃエゴサしてました!(笑))

今では本当にたくさんの方々に応援いただけて嬉しいです.
本当にありがとうございます!

応援コメント機能も使っていただきありがとうございます!
嬉しいときも,苦しいときも,皆さんの声に支えられています.
もしよければ「ポチっと」一言いただけると励みになります!!

【↓応援コメントはこちら↓】
https://www.robomaster.jp/team/fukuoka-niwaka/comment/#02

今後も応援・ご支援・SNS等での拡散等いただければ幸いです!
よろしくお願い致します!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【今日の豆知識】
FUKUOKA NIWAKAのロゴ・・・実はまだまだ秘密があります.

ロゴのFUKUOKA NIWAKAという文字の部分・・・
とある数字が隠れていることにお気づきでしょうか??

そう,実は「O(オー)」が「0:ゼロ」,「I(アイ)」が「1:イチ」になっているのです!

これは,前回ご紹介した「NIWAKA=ニワカモノ」の由来にもつながっています.

「ゼロからイチへ・・・」
ロボットを,チームを,創り上げる喜びも苦しみも,
FUKUOKA NIWAKAのメンバーたちは日々噛みしめています.

ちなみに,先日見学者の方から
「スイッチのオンオフ(O/I)にも見える!」と言われました!
確かに・・・これは秀逸・・・思いつかなかった・・・

今後はそういうことにしておいていいですか?(だめです)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

FUKUOKA NIWAKA(フクオカニワカ)

【公式HP】https://projectrm.niwakasoft.jp/
【Twitter】https://twitter.com/fukuokaniwaka/
【Facebook】https://www.facebook.com/fukuokaniwaka/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

リンクをコピー
もっと見る

リンクをコピーしました。