RoboMaster北海道説明会

北海道の熱くなりたい若手エンジニア集合

次世代ロボットコンテスト「RoboMaster」に興味のある方を対象に、札幌で7月14日に説明会を実施します。

Community Meeting in Hokkaido

  • 日時: 2019年7月14日(日) 13:00-17:00
  • 場所: TOWORK会議室(北海道札幌市中央区北二条東1-3-3-5F)
  • 主催: RoboMaster日本委員会
  • 参加費: 無料
  • 交通手段
  • JR千歳線 札幌駅 徒歩5分
  • 札幌市営地下鉄東豊線 さっぽろ駅 徒歩5分
  • 札幌市営地下鉄南北線 さっぽろ駅 徒歩5分
  • 札幌市営地下鉄東西線 バスセンター前駅 徒歩6分
  • 札幌市営地下鉄東西線 大通駅 徒歩6分
  • 道案内
  • 札幌市営地下鉄さっぽろ駅22番、21番出口より東へ徒歩5分
  • 札幌市営地下鉄バスセンター前駅2番出口より北へ徒歩6分

内容

  • ①RoboMaster日本委員会について
  • ②チームづくり
  • ③ルールの説明
  • ④ロボットづくり
  • ⑤ロボマスター知的財産に関すること
  • ⑥日本委員会サイトフォーラムについて
  • ⑦苫小牧高専×北海道大学チームからのプレゼン
  • ⑧意見交換

①RoboMaster日本委員会について

日本委員会の役割や予定しているスケジュールについて説明します。

  • ・日本地区予選の実施
  • ・勉強会
  • ・サマーキャンプ
  • ・ウィンターキャンプ

②チームづくり

RoboMasterに参戦するにはチームに所属する必要があります。身近にチームが無い場合、チーム作りから始めなければいけません。チーム作りの流れを説明します。

  • ・メンバー構成、役割
  • ・チーム名称、エンブレム
  • ・コミュニケーションツール
  • ・エントリー方法 など

③ルールの説明

深セン(中国)で開催されるRoboMasterと日本で予定しているRoboMasterのルールは少し変更点があります。変更点を説明します。

  • ・ロボット台数
  • ・フィールドサイズ
  • ・補給方法
  • ・試合時間 など

④ロボットづくり

RoboMasterに出場するためにはロボットを製作することが必須です。ロボットづくりの過程を説明します。

  • ・ジャッジシステムについて
  • ・サンプル機の提供
  • ・配布するオープンソース(歩兵)について
  • ・部品の販売
  • ・設計プランの立て方 など

⑤ロボマスター知的財産に関すること

  • ・登録商標の取り扱い など

⑥日本委員会サイトフォーラムについて

  • ・交流ページを開設予定 など

⑦苫小牧高専×北海道大学チームからのプレゼン

苫小牧高専×北海道大学チームが既に発足しており、現在メンバーを募集しています。チームから参加者に直接プレゼンする時間を設けています。

  • チームへの参加条件
  • ・高専生、専門学校生、大学生、大学院生(遠隔地からの参加も可能)
  • ・メール、Skypeなどで連携ができる方
  • 希望する技術スキル
  • ・設計者、プログラマー、回路設計者
  • ・特に募集しているのはプログラマー、回路設計者(遠隔地からの参加も可能)
  • ・画像解析に興味がある方(未経験者歓迎)

⑧意見交換会

日本から唯一参加したチーム「FUKUOKA NIWAKA」の顧問を交えて、経験者だからこそ語れる体験談を披露します。また、実際に競技に参加したロボットを持参。技術的な質問もお受けします。

応募フォーム

下記のフォームに必要事項を記入して最後に「送信」をクリックしてください。

たくさんの応募をお待ちしています。


【お問い合わせの際のご注意など】

・お名前、メールアドレスをお伺いしますが、RoboMaster説明会への回答以外の目的で、メールアドレスを使用することはありません。また、質問者様の同意を得ることなく、この情報を第三者機関に提供することもありません。
・ご質問者様のメールサーバーのセキュリティにより、返信メールがスパムとして処理され、回答が届かない場合があります。委員会からのメールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダ内もご確認ください。※特に、Yahooメール、Hotmail、Gmailなどのフリーメールをご利用の場合、迷惑メール扱いをされることがあるようです。